放射能の影響とは ~このタイトルから言えること~

Pocket

あえて、タイトルには「放射能」と書きました。

まだまだ間違った言葉の使われ方をしているので、広く浸透している「放射能」という言葉を使えば、このページにたどり着く人もいるかなと思ったのです。

 

ここでは、自分でしっかり情報を見極め、安易に人生を左右されないようにしてもらいたくて記事を書きます。

 

タイトルの件、正しくは、

 

”「放射線」を浴びたことによる影響”

です。

放射線と放射能、言葉の意味の違いについてはこちらの記事を読んで下さい。

 

この記事を書くにあたってまずは

 

「放射能 影響」

 

と検索して出てくるサイトを調べてみました。

出てきたサイトを見ると、全く正しくない使い方で「放射能」という言葉を違和感もなく使っています。

少し勉強すれば、そんな言葉の間違いなんてことはすぐにわかりますよね。

 

放射能の中での妊娠で奇形

 

とか

 

放射能汚染マップ

 

などというように、使い方が間違っています。

情報を提供する人は、少なからずその分野をちょっとでも勉強して正しい情報を届けるべきなのに。

そして大体、言葉が間違ったままのサイトは、不安を必要以上に煽るのを得意としています。

メディアやマスコミは、大げさな言葉を使って不安を煽った方が、みんなが見ますからね。それに、マイナス要素の方が拡散されやすい

 

こういったサイトの見出しでは

 

癌が多発

 

数千万人が死ぬ

 

奇形

 

などと数字的科学的に根拠を示さず引用のないものから、さらには

 

恐すぎ

 

ガチでやばい

 

世界最悪

 

などという品のない煽り言葉も同時に使います。

 

 

福島 ベクレル

 

と聞いて、どんなイメージがありますか?

大体の人がマスコミの報道によって、マイナスイメージしか持たないのではないでしょうか。これが、私たちが刷り込みされてきた証拠です。

大体は東京電力や政治家を悪く書いておいて、国民の感情をコントロールすることに使います。

 

もしかしたら、あながちそれらのサイトのない世も間違っていないのかもしれません。

でも、不安を煽るサイトを見て、何か前進できましたか?

 

ほとんどの煽りサイトや報道は「私たちはどうしたらいいか」、という解決策や、前向きなヒントが一つも記述されていません。

不安にさせておきながら、放置です。

 

そしてそれらを読んで不安になった人々がまたそれを拡散し、不安やストレスで健康を害したり、ご主人を置いて避難したり(避難自体は悪くはありませんが、ご主人やお子さんの意向を無視している例はだめだと思います)と、放射線による直接の被害より、いわゆる二次的な被害の方が目立っています。

 

強い不安やストレスが原因で癌になりますよね。

活性酸素が発生して、病気のもとになりますよね。

もちろん、放射線被ばくによる健康被害も懸念されていますが、根本的にじゃあどうしようかと考えるよりも、不安を煽ることによる心の健康被害(うつ、家族離散)の方が深刻です。

 

中国では、まだ情報に触れ慣れていない人々が多くいます。

「もう東京は住めない、即死レベルの放射線量だ」

などと書いた記事が一気に拡散されて、在日の中国人の方たちを心配しているということです。

このように、読んだ記事を疑問に思わず、何でもかんでも鵜呑みにしてしまう人々はまだまだ多いということは日本でも同じではないでしょうか。

たくさんある情報の中から選ばれ、多くの人に読んでもらうためには、目につく記事を書かなくてはいけません。

必然的に、大げさに煽る記事を書く人は多くなります。

 

あなたは放射線を避けるために、不安に煽られるがままにいろいろなことを家族に強制しながら人生を過ごしますか。それをご主人やお子さんは喜んでいますか。

あなたは、お子さんやご主人が笑顔でいられるために、放射線の特性についてきちんと学びながら、対策をしながらも、今を楽しんで人生を送りますか。

 

このサイトでは、私(超普通の主婦)ができるだけ勉強したことをシェアして、今の日本で元気に楽しく生きるためにはどうしようか、前向きに考えるお手伝いをしたいです。

 

どうかこのサイトにたどり着いてくれた方には、情報を見極めながら楽しく過ごしていっていただきたいと常に願っています。