なかや旅館が子連れで良かったルポ!赤ちゃんプランで安心の温泉デビュー

Pocket

久々に、プチ旅行へ行ってきました。

子ども3人連れて飛行機に乗ってどこかへ行くのは、もうおしまい。

体力と気力と経済力が持ちません( ;∀;)

というわけで帰国してしばらく旅行すら行っていなかったのですが、重い腰を持ち上げて近場で何とかしようと調べたところ、

「赤ちゃんプラン」

というのがあるらしい、その中でも赤ちゃんプランを始めた

なかや旅館

が良いらしいということで、行ってきました!

結果から言いますね。

はっきり言って、期待以上。

期待値が高くなかったこともありますが、(すみません)小さなお子さんを連れて行くなら全てにおいて安心ですし、若いカップルもいたところを見るときっとサービスもいいのだろうと思います。

何よりも、「おもてなし」に飢えていた私達。

旅行先でぼーっとしていたら騙されるかバカにされるかのアメリカやメキシコとは違い、心から安らげる日本。最高です・・・(*´ω`*)

赤ちゃんプラン発祥の、なかや旅館

群馬県みなかみにある、なかや旅館。

小さな温泉街の小さな旅館です。

ロビーはこたつで、到着後はここで手続きをします。

なんとウェルカムスープがビーツとリンゴのポタージュ。

これがおいしすぎて、びっくりでした。

色々と説明を聞いた後は、好きな浴衣を選びます。

浴衣の横にこんなサービスも!嬉しい~♪

我が家は予約時にお風呂が遅めだったのもあり、夕飯が7時からだったのでゆっくり温泉に入ることもできました。

この温泉、チェックイン後はガラガラ。

なぜならば宿泊客のほとんどが小さい子ども連れで、そういった家庭は貸切風呂でその日は済ませてしまうんですよね。

だから大浴場はだーれもいませんでした!

もちろんベビーベッドはあるし、必要なアメニティもエステサロン並みに揃っています。

冷たいお水は美味しかった~(*´ω`*)

こういうのがちょこちょこ置いてあって、嬉しい!

その間に、子どもたちはキッズルームでお遊び。

6~8畳くらいの小さなお部屋ですが、ちょこちょこ暇をつぶすにはちょうどいいです。

しかもここには電子レンジが備わっています。離乳食かなんかをあっためるんですかね??

さて、次にお部屋です。

おしゃれな竹仕様の入り口。

そして踏み台が置いてある洗面所。

そこを通り過ぎて、

オシャレで明るいお部屋でした!

こたつが嬉しい~♡

赤ちゃんセットはもちろんありました。(でも1歳半にもなると使いませんでした)

そんなこんなしているうち貸し切り風呂の時間に。

貸し切りは、赤ちゃんプランだと一家族45分間が無料で入れます。

メタモルフォーゼ。何やら中に仕掛けがあるそうです(笑)

赤ちゃん用のいす、おもちゃ、広く浅い湯舟。

手前の小さなくぼみは、赤ちゃん用の湯船です。

さっきの大浴場と比べると、すごくぬるめになっています。

というか、大浴場はかけ流しですごい熱かった(汗)まあ気持ちいいけど。

気を付けるべき点が一つ。シャワーの蛇口のお湯が引いてある部分の方が、熱湯に近い温度が流れているためにめちゃくちゃ熱いです。

ぺたっ

と触ってしまってびっくりしたので要注意。

逆にこの旅で気を付けることと言えば、このことくらい。

あ、それでですね、このお風呂の仕掛けは・・・お風呂に設置されたボタンを押すと、電気が消えてブラックライトがつき、お風呂場の壁面に絶景と星空が映し出されるんです!!

これには子どもたちは大興奮でした~(*´ω`*)

広い湯舟とブラックライトですっかり盛り上がった後は、お待ちかねの夕ご飯・・・♡

もうはじめに言っちゃいますね。

ここの料理長の出すお料理は、どれも薄味なのに濃い味!!

何のことだかわかりませんね(笑)

調味料は必要最小限であって、味付けは薄いです。でもそれが逆に食材そのものの味を引き立てて、濃い味わいになっているという、とてもまねできそうにないお料理がずらり。

唯一濃い味なのは、すき焼きに入っている隠し味のドライトマトと、ミートグラタン、でしょうか。

小学生の娘用の夕飯、幼稚園児の息子用の夕飯、1歳児のおじやと、全て用意してくださっていました!

大人のお食事は、これに川魚の塩焼きと、茶わん蒸し、グラタン、ニンジンのポタージュが出てきます。たっぷりなのに、味付けや材料が絶妙で胃もたれせずに食べきれちゃう、そんな感じです。

小学生が夕飯メニューが違うだけで宿泊費用が安いのは超お得な感じがします。だってこれだけ大容量。

赤ちゃんプランより、小学生を連れて来た方がお得なお宿かもしれません。

(お子様ランチ撮るの忘れちゃいました・・・)

せっかくなので地ビールも・・・うひひ。飲みやすい!おいしい!

そしてデザートが超絶絶品な、サツマイモのムースとイチゴシャーベット。

サツマイモのムースの甘さが、市販のアイスではありえないような控えめ具合。これがどんぴしゃ。今まで食べてたデザートは何だったの?

まだ砂糖で血糖値上げてるの?(イケハヤ風)

って感じです。たっぷり食べた後なのに、重くないデザートが最高すぎました。

(旦那はビール飲みすぎて、デザートが一口しか食べれずに後悔していました 笑)

さて、そんなこんなしているうちに夜も更けていくのですが、ここの旅館はなるべくお部屋にお邪魔しないスタイル。赤ちゃんがいるお部屋はなおさらでしょうね。

お布団は、頼めば敷いてくれますが、基本は自分で敷きます。これがまた子どもたちには楽しいみたいで大はしゃぎ。

すやすやとあっという間に眠りについてくれました。

さてさて朝食ですが、8時からと9時からが選べます。

我が家は9時からをチョイスして、ご飯前に温泉に入ってきました。

昨晩と違ってちょっと混んでました・・・

朝ごはんの写真は撮れなかった・・・でも、夕飯に負けず劣らず美味しいご飯のバイキングです。

子どもも食べられるものがたくさんあります。

トリップアドバイザーの口コミで、

「ちいさい子どもが食べられそうなものがロールパンとバナナしかなかった」とあり、別の旅行サイトの口コミでは「クレームを書いたら旅館からうちらが悪いように書かれた」

って書いてあったので

「えぇ~???」と思っていましたが、口コミの方がおかしかったことに全力で触れておきたいと思います。同一人物だって、すぐにわかりました(苦笑)

悪い口コミはあるにせよ、ここに泊まった経験から話せば、宿泊客側が神様気分であるとしか思えないです。

バイキングでは自分の気に入った食器や箸から選んでいくというこだわりのスタイル。

素敵な朝食をいただいた後は、なんとお餅つきを開催するというのでロビーへ。

子どもたちに一通りつかせてくれた後、旅館の人が迫力あるお餅つきを見せてくれ、黄な粉もちとお雑煮にしてふるまってくれました~!!

お腹いっぱい食べたのに、突きたてのお餅がふわふわなので、たくさん食べてしまうという・・・

群馬は鮭ベースに根菜のたっぷり入ったお雑煮なんですって。

たりないって事のないように、、たっぷり用意してくれていました。

しかしこの旅館、部屋数も少なくてお客さんもいつも満室で、心地よい規模です。

赤ちゃん連れにはもちろん、小さい子や小学生にもおすすめです。

ちょっと迷ったらなかや旅館、推しておきますよ・・・♡

年末に急いで予約しましたが満室・・・でも、楽天で検索に引っかからなかった空き室が、じゃらんで見つかりました。




じゃらんnet

というわけで、じゃらんを推しておきますね。

参考になりますように♡