子どももママも、たんぽぽ茶ティーライフで生き生きしよう♪巡りを整えれば体が変わる!

Pocket

季節の変わり目ですね。
気温の変化や生活の変化に体がついていけず、無理が体調に現れる時期です。
無理せずいきましょう、というのは無理かもしれないのがママ世代。
でも、そんな中でもできる限り体をいたわりながら、毎日を正常運転で行けるように「飲み物」に気を付けてみませんか♪

体を蝕む、こんな飲み物は要注意!

冷たい飲み物

これは言わずもがな。
冷たい飲み物は、ダイレクトに体を内側から冷やします。
体温を下げて代謝を下げるだけでなく、胃腸の機能も鈍くなります。
体温が高いと健康といわれるように、体温は下げても何の得もありません。
よく、「水は常温で飲む」といわれるように、暑くなったからと言って冷蔵庫でキンキンに冷えた飲み物や、氷入りは避けるようにしたいものです。

身体を冷やす飲み物

常温やホットであっても、身体を冷やす飲み物があります。
原料に体を冷やす作用がある飲み物です。
●カフェイン入りの飲み物
コーヒーはホットでも体を冷やします。これは私も自覚済み。体が温まるどころか、手足はキンキンです。同じ理由で緑茶も大量に飲むと冷えます。
食後に一杯、なら逆に健康効果が高いので、神経質にならなくても良いでしょう。
●ジュースなど清涼飲料水
砂糖が多く含まれている飲み物は、身体を冷やします。これは、ジュースに多く含まれる白砂糖の働きです。
しかも、たいていは冷やして飲みますよね。ぬるいジュースは美味しくないです。
相乗効果で、一番体を冷やすと言っていいでしょう。

●トロピカルフルーツを使った生絞りジュース
駅なかで大人気の生絞りスムージー。ビタミンやミネラル、酵素がそのまま摂れるので、身体にもお肌にもいいと大人気です。
でも、一つだけ気を付けなければいけないことが。
南国育ちの果物は、身体を冷やす作用があります。
トロピカルジュースの入ったものは避けましょう。

●乳製品

実は、牛乳や豆乳も体を冷やすと言われています。でも、牛乳や豆乳って、貴重なカルシウム源だったりします。

「白いもの」は体を冷やすと言われていますから、身体を温めるものと一緒に摂ると良さそうです。

アルコール

お酒で気を付けなくてはいけないのが、やはり「糖分」。

チューハイはもちろん、ビールも体を冷やします。

アルコールって、一見血流が良くなって体が暑く感じるので、余計にたちが悪いです。

飲み会でグーッと生きたいのは仕方ないとして、お家で晩酌するにはちょっと避けたいお酒です。

飲み物一つで体が変わる!たんぽぽ茶で血流アップすると良いこといいことだらけ!

たんぽぽ茶で風邪をひきにくい身体になる!

 

身体が温まっていれば、高い化粧品を買わなくたって、健康を気遣うサプリを飲まなくたって、全てがキレイに循環して必要がなくなります。

血流が上がるという事は、体温も上がるという事。

体温が高いとウイルスや細菌に対する免疫力が強くなり、風邪をひきにくくなります。

代謝が上がって、いらないものもどんどん排出できます。

体温が1度上がると免疫力は5~6倍にもなると話すのは、イシハラクリニックの石原院長。血液内科の先生です。

 

現代人の中には、便利になった生活で筋力は衰えるし、食生活の欧米化で内臓を冷やして低体温の人が多いんだそうですよ。

平熱が35度台の人は、生活を見直す必要があるかもしれませんね。

最近の子どもも「平熱が35度台です!」なんていう子が普通にいるので驚きます。

 

 

体温が高いとウイルスや細菌に対する免疫力が強くなり、風邪をひきにくくなります。

代謝が上がって、いらないものもどんどん排出できます。ナチュラルにデトックスされる状態ですね。

たんぽぽ茶を美容に取り入れる!

「起き抜けに白湯をコップ1杯飲むだけで、どんなダイエットサプリ美肌サプリよりも効果が出るのに、なぜみんなやらないんだ」

なんてテレビでお医者さんが言っていたこともありました。

それほどまでに、身体を温めるって効果的ななずなんですよね。

 

巡りが悪いと、肌のくすみ・にきび・便秘など体に出るほか、ダイエットの効果が出にくいなど、いいことないですよね。

巡りが良くなることで、ハリやツヤ・顔色の変化など感じられるはずです。

 

たんぽぽ茶は妊婦さんの飲み物ではありません!

これは、たんぽぽ茶自体のデメリットではないのですが・・・販売側のデメリットになると思います。

販売側が、どこもかしこもめちゃめちゃ「母乳推し」ってところ。

たんぽぽ茶を買おうと思うと、「母乳」「完母」の文字が必ず目に入ってきます。

あまりにも母乳推しなので、「妊婦さんや授乳中の人向けなのね」と思ってページを閉じてしまうんです・・・(涙)

こんなに巡りを整えてくれる素晴らしいハーブティーなのに、もったいない!!

実は私も、「たんぽぽ茶は妊婦さんの飲み物」という先入観があったので飲んでみようと思いつきもしませんでした。

それくらい、「母乳で育てたい人」に向けてアピールがすごいんですよね。

母乳は血液からできていますから、血液の流れを整え、栄養も豊富なたんぽぽ茶は確かに母乳育児にはぴったりです。

でも、それだけの効果があるのなら、

●冷え性

●お肌のくすみ・にきび・肌荒れに悩んでいる

●便秘がち

●なかなか痩せない

 

という悩める女性にこそ、飲んで効果があると思うんですよね。

ノンカフェインのたんぽぽ茶が巡りを整えてくれる♪

これが、最近取り寄せたノンカフェインタンポポ茶。

たんぽぽ茶といえば、一度は聞いたことあるのではないでしょうか。

妊婦さんによく飲まれている、あのたんぽぽ茶。別名たんぽぽコーヒーです。

たんぽぽ茶の苦みが、コーヒーに似ていることから苦いたんぽぽ茶をたんぽぽコーヒーと呼ぶんだとか・・・本当にコーヒーが好きなら、そんなん許せませんけどね・・・( ゚Д゚)

たんぽぽ茶は、たんぽぽに含まれる鉄分やミネラルが豊富で、さらに血流をあげる効果があるので母乳が出やすくなる、という母乳育児をしたいママに人気のお茶です。

さらに、カフェインが入っていないので体を冷やす心配も無し。

利尿のハーブと呼ばれるほど利尿作用があり、デトックスにもなるんですね。むくみや便秘にも良いそう。

今は、いろんなブランドからたんぽぽ茶が出ていますよね。

実は、私はたんぽぽ茶初体験。完母で3人育てましたが・・・

「たんぽぽ茶って、あのたんぽぽ? たんぽぽコーヒーって何・・・?苦そうだしまずそう」

と思って手も出しませんでした。

だから今回も、「たんぽぽ茶は濃くて苦い」という勝手な思い込みの元、チャレンジ。

ティーライフのたんぽぽ茶は苦くない、と聞いていましたが、その口コミ通り、すぐに私の思い込みはかき消されることになりました~(#^^#)

 

このたんぽぽ茶は、面倒くさがりの私にとってはありがたいことに、ティバッグ。

茶葉を入れて急須で入れると、なんか面倒な気がして結局飲まないんですよね。

ひとつのティバッグで500ml分のたんぽぽ茶が出るそうなんですが・・・

まず1杯め。

このくらいかな?と思いつつ、ごくり。

全く苦みがない!!!お茶の渋さも舌に残らず、香ばしさだけが喉を通ります。

これは、おいしいです。

2杯目。500ml以上は余裕で出ますね。時間を置いたら、かなり濃くなりました。

色が濃い分、二がそうですが、苦くないんですよ、本当に。

これにはまったのがうちの娘。もう高学年になりますが、お茶なんか飲まなかったくせに、これをきっかけに毎晩飲むように。

子どもにとって、すごく飲みやすいお茶なんだと思います。黒豆が配合されているから、とっても飲みやすい。

カフェインレスなので、いつも寝る前に飲んでいました。体を温めてから寝るにはもってこいです。

3杯目。

急須にお湯を入れておいたら、まだまだ出ますよ。

結局800ml分くらいは出しました。

「苦い方がいい!」っていう人もいると思うので、お試しパックも売っていますから自分に合う方を選んでみてくださいね。

ママの体にオススメ!赤ちゃんにもうれしい【ノンカフェインタンポポ茶】
あまりにも母乳推しが目立つたんぽぽ茶ですが、私は小学生の低体温対策にも、ママのぐったり冷えにも、ドンピシャだと思っています。

 

 

 

Shareこの記事をシェアしよう!